行政書士 リニシス法務事務所

行政書士 リニシス法務事務所

建設業のお手続き

◆ 小さな仕事で実績積み上げてきたが、そろそろ大きな仕事がしたい
◆ 依頼主が、許可業者を希望している
◆ 許可業種を増やして事業の幅を広げたい

 などなど、建設業許可を取りたい理由は様々あることと思います。

許可業者となれば、毎年の決算変更届も必要です。                                    許可取得後は5年ごとの更新が必要であり、これを怠ると許可は失効し、500万円以上の新たな請負契約を結べなくなります。                                                                           また、営業所の名称、住所、電話番号、郵便番号の変更や、商号の変更、資本金額、専任技術者、経営管理責任者の変更など、その他にもいくつもの変更届の提出が義務付けられています。

公共工事を受注したい!
そうとなったら、経営事項審査を受けなければ入札に参加できません 。
経営状況分析入札参加手続きなど、実にたくさんの煩雑な手続きがあります。

当事務所では、経営事項審査に関するご相談にも対応しております

リニシス法務事務所では、お客様のもとにうかがい、丁寧な聞き取り調査をし、少ない面談回数で必要な情報を取得し、できうる限りお客様の時間を無駄にさせない対応を心掛けております
経営者の皆さま、おひとりで悩まずに行政書士にご相談ください。

審査にかかる時間は、概ね知事許可で30~60日程度、大臣許可は90~120日程度かかります。

書類作成期間もありますのでご相談はお早めに。

料金表 建設業関連 – 行政書士 リニシス法務事務所

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 行政書士 リニシス法務事務所

テーマの著者 Anders Norén